八聖亭

梅田のすぐ傍、隠れた美味しいお店が沢山あり、「大阪で住みたい街」としても良く名前の挙がる大阪市福島区。そんなところでお笑いを楽しめる場所があること、知っていますか?

「八聖亭」は、商店街「聖天通り」にあり、JR環状線の福島駅から徒歩5分と好立地。50人ほど入れる小さな劇場のためお客さんとの距離が近く、アットホームな雰囲気の中で公演を楽しむことができます。福島は落語家「月亭八方」の生まれ育った街であり、地元と落語界の更なる発展を願って「八聖亭」が建てられました。元々は落語の稽古場として作られ、落語以外にも日本舞踊や長唄、なんとフラダンスの稽古まで出来るようになっています。

八聖亭では突然落語家へ転進し話題を集めた「月亭方正」も一門として舞台に上がっています。

彼は山崎邦正時代、「リアクション芸」と言えば聞こえはいいですが、芸人として「笑わす」のではなく「笑われている」現実に悩んでいたところ、落語に出会い、芸人としての原点へ立ち戻ろうと落語家への転進を決意したんだそうです。こんな裏話を聞くと、落語を聞きながら笑いながらもついつい胸が熱くなってしまうかも…?

昔ながらの飲み屋や、金物屋や駄菓子屋が並び、情緒溢れる下町の風景を残す街で、貴方も伝統ある「お笑い」の原点に触れてみてはいかがでしょうか。