天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭は日本一長い商店街「天神橋筋商店街」にあり、国内で唯一の上方落語の専用寄席です。天満天神繁昌亭ができるまで、大阪には落語を見ることのできる寄席がありませんでした。300年の歴史を持つ上方落語を後世にも語り継いでいきたいと初心者から通の方まで、皆が落語を楽しめるように建てられたのが天満天神繁昌亭というわけです。落語の専用寄席を作るために、沢山の人が支援し、その証として劇場内には募金をされた団体や個人の名前が書かれた提灯約4500個がずらりと並んでいます。その様子はまさに圧巻。天満天神繁昌亭が沢山の人に愛され、支えられていることがひしひしと伝わってきます。

昼席は週替わり、夜席は日替わりで公演を行っているので、通の方も飽きることなく楽しめるようになっています。公演の中盤では大道芸などが挟まれるので、初心者の方でもリラックスして楽しむことができますよ。実は、昼席の演目は当日まで発表されず、噺家が当日舞台に上がり、お客さんの雰囲気で演目を決めるそうです。毎日アドリブで公演を行うなんて、この裏話を聞くと更に見に行く楽しさが増えますね。公演は年中無休で行われているので、忙しい方もご安心下さい。伝統ある上方落語の世界に触れれば、貴方もきっと夢中になること間違いなしです。